あたるなBlog

2019/01/15 08:40

焙煎アラカルト④〜メンテナンス〜

焙煎機のメンテナンスは日常的に行う項目と定期的に行う項目があります5kg以上の焙煎機であれば焙煎機の分解が必要な作業は業者任せになる事も多いですが部品供給をしているメーカーであれば作業できる事も多いで...

2019/01/03 09:58

迎春と珈琲ハジメ

あけましておめでとうございます!元旦から何時の朝と変わらず、ミルで"がりがり"としていると良い時間だなとつくづく思いました珈琲ハジメは"ブラジル ブルボン"です初心に帰るのはやはり"ブラジル"でした今年も...

2018/12/27 19:14

真夜中のコーヒー④

10月1日から新年度扱いとなるコーヒー豆12月に入り続々とニュークロップが入ってきます華やかさが売りのスペシャルティコーヒーですが当店がまず注視するのはブラジル ブルボンコロンビア ティピカですスペシャル...

2018/12/12 10:36

焙煎アラカルト③〜体験焙煎〜

来年1月に焙煎機新調しますまだ1年経ってないですが焙煎が追いつかなくなってからでは遅いので手配しました現在の焙煎機も残しますので2台体制になりますその小さい方の焙煎機で体験焙煎講座を開くことに致しまし...

2018/11/30 10:57

焙煎アラカルト③ニュー、カレント、パスト

ニュークロップスペシャルティコーヒーでは良く聞きますが当年収穫されて数ヶ月の豆を指します新鮮を売りにしているお店は多いですが新しければ美味しいとは限らないのも事実ですサード系の浅煎りでも1ハゼ入れば...

2018/11/22 23:47

真夜中のコーヒー③

冬ブレンドを発売しました!すごく贅沢なブレンディングだと思ってます労力と対価では計れないのがコーヒーだと痛感しますねコーヒーに人が求めるものは人により様々ですが"おいしさ"を追求することは最大公約数...

2018/11/20 09:31

極香〜GOKKOU

極香焙煎と書いていたら"深煎りなの?"と聞かれます深煎りの意味ではなく当店の焙煎プロファイルのキャッチコピーですゴコウと読んで下さい当店の焙煎プロファイルは前半と後半に特徴を持たせています特に豆温度1...

2018/11/13 01:27

焙煎アラカルト②-水分含有率

珈琲豆焙煎と水分の関係は密接で水分活性は生豆のカビや微生物の繁殖に関わり水分含有率は焙煎前、焙煎後の含水状態の数値を表します焙煎の説明でよく目にする水分を抜くや、水抜きをすると書いてありますがあま...

2018/10/18 09:22

焙煎の"ば"の話し

当店は基本の豆が多いねといわれますスペシャルティーにしろプレミアムにしても豆の硬さ、肉厚、標高により焙煎のベストポイントを探すのですがその前に各国のベースとなる豆の、風味を自分の中で意識しています...

2018/10/11 15:34

焙煎アラカルト

焙煎には幾通りも方法があります熱源はガス炭火電熱など方式は直火熱風半熱風など器具、機器は枚挙に暇がないです個人で自家焙煎店を開業する場合大まかに2通りの選択があります⑴あまり拘らずに学校や講師、師匠...

2018/10/08 08:54

秋田

突然ですが秋田に行って来ました片道650km往復1300km走破名物、稲庭うどんを食べコーヒー屋さん探しているとその前に駅前なのに人があまりいない!ビルも空きテナントが目立ちます何時もこんな感じなのか地元の方...

2018/09/19 09:31

少量焙煎

業務用の焙煎機は容量が小さい程難しいと言われています"系"つまり、容量、吸排気、火力(熱源は様々)が大きくなるほど安定するといいます100kg級は見たことないですが予熱大変そうですね熱を扱うものですし、乾煎...

2018/07/24 07:24

食事とコーヒー

コーヒーのおいしさって何でしょう?例えばおいしいと評判のレストランやビストロで料理を堪能し、最後に出てきた食後のコーヒーが美味しくない時コーヒー好きな方にはよくある場面じゃないですか?そこそこのお...

2018/06/21 00:26

煎りたてが美味しい?

こんにちは今日は煎りたてについて少し煎りたては"新鮮"です生豆も新鮮で、そして煎りたてで香りもいい!だから美味しい!???間違えではないですが例えば"電気式焙煎機"などの短時間で煎るもの100g 4〜5分など...

2018/06/15 01:02

真夜中の珈琲③

こんばんは珈琲豆は"生豆"を煎ることで褐色の"コーヒー豆"になります生豆は"なままめ"と、この業界では読みます"きまめ"じゃないんですね"何を当たり前の事言ってんのー?"と思われるでしょうが、豆販売に携わって...


町田市原町田4-16-21 キムラヤビル 1F
TEL: 042-777-5522
FAX: 042-777-5533
E-mail:info@ataru-coffee.com