あたるなBlog

2018/11/20 09:31

極み焙煎

と書いていたら深煎りなの?

とよく聞かれます


深煎りの意味ではないので

"極香"に変えました

ゴコウと読んで下さい



当店の焙煎プロファイルは

前半と後半に特徴を持たせています

特に

130〜160℃

170〜200℃

の焙煎の要は品種、精製、標高により

ベストポイントをデータ蓄積してきました


焙煎直後は荒い印象がありますが

2〜3日経つと素晴らしい香りが立ちはじめます


直ぐに香りが出る高温短時間焙煎は

風味の劣化が早くなりますが

低温短時間焙煎は風味が長持ちする傾向があります


低温と書いてますが、あくまでも標準的な定温上昇焙煎と比べた相対値です


ちょっと厳ついキャッチフレーズですが

風味豊かなコーヒー豆をお届けして参ります


では、愉しいコーヒーライフを.....

店主


町田市原町田4-16-21 キムラヤビル 1F
TEL: 042-777-5522
FAX: 042-777-5533
E-mail:info@ataru-coffee.com